孤立無業者は162万人

no

孤立無業者は162万人

様々な要因が積み重なって今があるのですね。ただ、自分で何とかできないことも多いわけですが、出来ることを黙々と続けている人もいるのです。諦めた人だけを救うことには、抵抗があるのです。

せめて自分の生活は自分でなんとかしたいものですね。
お金なんてそんなに必要ないはずです。

1: 結構きれいなもろきみφ ★:2013/02/18(月) 02:24:23.63 ID:

 20~59歳の働き盛りで未婚、無職の男女のうち、社会と接点がない「孤立無業者」が2011年時点で162万人に上るとの
調査結果を、玄田有史・東大教授のグループが17日までにまとめた。景気低迷に伴う就職難やリストラなどが響き、06年
(112万人)と比べて4割強増えた。

 職探し中の孤立無業者は半数にとどまり、事態改善に向けた動きは鈍い。玄田教授は「孤立に陥ると職探しへの意欲が
失われがちだ。今は家族が支えても将来、経済的に厳しい状況に陥る」と指摘。生活保護費など社会保障費の増加を抑える
ためにも、訪問支援など政府や自治体による対策が急務だと訴えている。

ソース(北海道新聞) http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/442255.html
グラフ=孤立無業者数の推移
http://alexrojas.net/wp-content/uploads/2013/02/a6328a1b.jpg


16: 名前をあたえないでください:2013/02/18(月) 04:45:23.36 ID:

うちの町内は中年の引きこもりが分かってるだけで3人いる
あと10年したらこいつらどうするのかwktkしてます

26: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:8):2013/02/18(月) 09:24:36.59 ID:

●日本の経済モデル・社会システムは、氷河期世代を生み出したことによって破綻に向かった。

就職氷河期の四大卒の就職率:文部科学省の統計より
(以下は、最も酷かった時期)
2000年 男性55.0%、女性57.1%
2001年 男性55.9%、女性59.6%
2002年 男性54.9%、女性60.0%
2003年 男性52.6%、女性58.8%
2004年 男性53.1%、女性59.7%
2005年 男性56.6%、女性64.1%

大卒就職内定率の推移(A~Fランまで含む)
・バブル期     80%
・氷河期(94~05年) 50-60%
・好景気(06-10)   70%
・現在(11~)   62% (12卒:64%)

http://alexrojas.net/wp-content/uploads/2013/02/4d365c03.gif
http://alexrojas.net/wp-content/uploads/2013/02/b4130d8b.gif
http://alexrojas.net/wp-content/uploads/2013/02/742db582.jpg
http://alexrojas.net/wp-content/uploads/2013/02/cf2f4904.gif

求人数過去最低→1996年 39万件
求人倍率過去最低→2000年 0.9倍
就職内定率過去最低→2003年 55%

氷河期世代は雇用の調整弁に使われたことにより困窮疲弊した。
それが消費低迷、年金破綻、財政破綻、社会不安、少子化猛進などに繋がったのである。
総合研究開発機構(NIRA)の報告書によれば、氷河期世代放置によって77万4000人が生活保護受給者となり、
そのための追加的な財政支出が20兆円にのぼると指摘している。問題の先送りが、より悲惨な様相を呈して来たのである。


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1361121863

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL