お金を貯める

no

お金を貯める近道

江戸っ子は宵越しの銭を持たないとよくいいます。
明日のお金を気にして飲むなど無粋だということでしょうね。
きっと江戸時代といっても元禄時代の頃のことだと思います。

江戸に活気があって、働けばいくらでもお金になった。
そんな時代背景があるような気がします。

芸術など文化が花開くのは、結局景気が良かった時なのかもしれません。
お金のことなんかどうにでもなる。
多くの人がそう思える時代は、ある意味幸せですが、
時が移ればかなりの浪費と思えることもあるのだと思います。

現代は、ある意味正反対の時期であり、お金がなかなか入ってこない。
仕事もないと良く言われていますが、実はお金を貯めるには、
こういう時代の方が良いのかもしれません。

デフレで大変とは言いますが、間違いなく物価は安いので、
使わないですまそうと工夫すればかなり節約できます。
結局お金を貯められない人は、収入が多い場合が珍しくないのです。

自分の収入が少ないからこそお金を貯められる。
金利はとても小さいかもしれませんが、
しっかり貯めていれば、思わぬチャンスも巡ってくるかもしれません。

節約に徹して、お金貯めるのには、本来近道はありません。
収入が少なくても心構えがしっかりしていれば
確実にお金は増えていきます。

お金を借りているのと、貯金をしているのとでは雲泥の差です。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL